仮想通貨ニュース

【仮想通貨ニュース】TetherからBitfinex(ビットフィネックス)⇔USDTのあの件に関するコメントが発表。約34億をハッキングされた。

うも仮想通貨プレスです。本日おとどけする情報は・・・・・

【仮想通貨ニュース】TetherからBitfinex(ビットフィネックス)⇔USDTのあの件に関するコメントが発表。約34億をハッキングされた。という情報をお届けします。

今、話題になっている、Bitfinex(ビットフィネックス)騒動ですが、Tether社が今回の件に関連するコメントを出していました。

簡単に言えば、Tether社はビットコインを自ら購入する為にUSDTを発行したのではなく、発行したUSDTが盗まれてそれが使われて!見たいな内容を話している様です。

近のbitfinexの動きはちょっとおかしいなぁと思う点は3点。

  1. bitfinex(ビットフィネックス)の個人投資家入金口座凍結(資金移動するためにビットコイン購入されてこのためビットコインが上がっているのもある。)
  2. bitfinex(ビットフィネックス)上場してるアルトコインの上がり方が順調にあげすぎてる。(この動きは今までになく明らかにおかしい。)
  3. 新規テザー発行によるビットコイン購入によるビットコイン上昇。真意はわからない。もし本当に新規発行して自社取引所内のビットコインを買い付けしてるのではあればこれは問題。

今回はこの③の部分が騒動となっています。その他の点はそこまで取り上げられてはいませんが、一部の方ではMtGox事件の再来か!?という事を発信している方もいますね。(そこまで煽らなくても良いかと・・・w)

だ、注意は必要かとおもいますのでbitfinex(ビットフィネックス)で取引している方はリスク回避は考えておいた方がいいかと思います。

ここで言っている盗まれた3000万ドルは(34億円)相当になるのでかなりの額ですね。

翻訳昨日、私たちは、外部の攻撃者による悪意のある行為を通じて、資金がテザーの財布の財布から不適切に削除されたことを発見しました。テザーインテグレータは、生態系のさらなる破壊を防ぐために、以下で説明するように、即座に行動を起こさなければなりません。

$ 30,950,010 USDTは、2017年11月19日にTether財務省の財布から削除され、許可されていないビットコインアドレスに送られました。テザーはUSDTで管理された資産の発行者であるため、盗難されたトークンを償還することはありません。また、より広範な生態系に侵入するのを防ぐため、トークンの回収を試みています。攻撃者は、次のアドレスで資金を保持しています:16tg2RJuEPtZooy18Wxn2me2RhUdC94N7r。上記の住所またはこれらのトークンを受け取った任意のダウンストリームアドレスからUSDTトークンを受け取った場合は、フラグが立てられており、Tether for USDによってUSDで償還されないため、これらのトークンを受け入れないでください。

この問題に対処するために、以下の手順がとられました。

テザーからバックエンドのウォレットサービスが一時的に中断されました。今後も同様の行為が行われないように、攻撃の原因を徹底的に調査しています。
Omni Coreの新しいビルドをコミュニティに提供しています。 (Omni Coreは、Omni LayerトランザクションをサポートするためにTetherインテグレータが使用するソフトウェアです。)これらのビルドでは、盗まれたコインが攻撃者のアドレスから移動するのを防ぐ必要があります。コインが生態系に入るのを防ぐために、すべてのTetherインテグレータにこのソフトウェアをすぐにインストールするよう強くお勧めします。この場合も、攻撃者のアドレスからのトークンはすべて償還されません。したがって、すべての交換機、財布、およびその他のTetherインテグレータは、損失を防ぐためにこのソフトウェアを直ちにインストールする必要があります。

https://github.com/tetherto/omnicore/releases/tag/0.2.99.s

このソフトウェアは現在実行中のOmni Coreクライアントにコンセンサスな変更をもたらします。つまり、事実上Omni Layerへの一時的なハードフォークです。このビルドを実行しているインテグレータは、攻撃者のアドレスからのトークンの送信を受け入れず、コインが攻撃者のアドレスからさらに遠ざかるのを防ぎます。
私たちは、オムニ財団と協力して、Tetherが上記のソフトウェアによって作成されたハードフォークを訂正して撚り合わせられたトークンを再利用できるようにする方法を調査しています。このプロトコルの拡張が完了すると、Omni Foundationはすべてのインテグレータがインストールするための更新されたバイナリを提供します。これらのビルドは、上記のTether.toで提供されたバイナリに取って代わるものです。オムニ層へのプロトコルのアップグレードが行われた後、Tetherは盗まれたトークンを回収して財布に戻します。
テザー発行はこの攻撃の影響を受けておらず、すべてのテザートークンは、テザー予約の資産によって完全に支えられています。償還されない唯一のトークンは、昨日テザー財務省から盗まれたものです。これらのトークンは、Omni Layerプロトコルの拡張機能が整ったら、財務省に返却されます。

できるだけ最新の情報を提供し、地域の忍耐、理解、サポートに感謝し、状況をすべての人に最良の方法で解決させるよう努めています。

テザーチーム

参考記事:Tether社公式HP

仮想通貨購入の人気取引所①位

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最高のセキュリティレベルで通貨を管理してくれます。

※口座開設のポイント・・・色んな取引所を開設すると一番値段の安い所を選べるので取引に有利になります。

仮想通貨購入の人気取引所②位

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本一の利用されている取引所です。

人気急上昇↑取引所

◎【利益で応援してます!】美味しい餃子↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

にほんブログ村

投げ銭ならぬ『投げ1票』の応援もらえたら嬉しいです!

スポンサードリンク


関連記事

  1. 【仮想通貨ニュース】Binance(バイナンス)が新規上場通貨の…
  2. 【仮想通貨ニュース】Tether(USDT)って何?仮想通貨市場…
  3. 【仮想通貨ニュース】マレーシア中央銀行が仮想通貨(ビットコインe…
  4. 仮想通貨プレス 大学にビットコインATM 【仮想通貨ニュース】カナダの大学が校内書店にビットコインATMを…
  5. 【仮想通貨ニュース】中国、仮想通貨取引再開!?ZB.com取引所…
  6. 【仮想通貨ニュース】新着ビットコイン分裂の新情報「Lightni…
  7. 【仮想通貨ニュース】ビットコイン分裂問題|マイナー公開書簡An …
  8. 【仮想通貨ニュース】中国仮想通貨取引所が続々と取引停止発表を発信…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

SparkswapはBitcoin Lightning NetworkエクスチェンジにUSDサポートを追加します

Sparkswap adds USD support to its Bitcoin Lightnin…

Wowoo Exchange 登録方法 Wowoo Exchange (WWX)を香港とラブアンにローンチすることを発表、launch schedule

Wowoo Exchangeが先日、一般公開を行いました。シンガポールにて限定的にオープンしていたの…

Wowoo Exchange Token(WWX) Contract Address WWX(ERC20)コントラクトアドレス  トークン追加設定情報

WWX(ERC20)コントラクトアドレス  トークン追加設定情報WWX Token (ERC20…

【超簡単理解】Playcoin(プレイコイン)ERC20 SWAP(転換)方法・解説 Qtum Core/Qbao

PlayCoin(プレイコイン)QRCからERC20へ移行PlayCoin(プレイコイン)がQR…

Wowoo Exchange 登録方法 【凄く理解できる】Wowoo Exchange WWX ERC20 SWAP方法を解説。まとめ

Wowoo Exchange ERC20へSWAP2019年6月中旬にWWXトークンが配布された…

BitMEXを試してみたいけど、どんな取引所なんだろう? BitMEXレバレッジ100倍 試してみたいけど、どんな取引所なんだろう?

Bitmex 取引所 特徴とは「BitMEXを試してみたいけど、どんな取引所なんだろう?…

日本円取扱取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Select Language

スポンサーリンク

『投げ1票』お願いします♪

初心者お勧め記事

PAGE TOP