仮想通貨ニュース

【仮想通貨ニュース】Ripple(リップル)がビル&メリンダ・ゲイツ財団と貧困撲滅のために提携!!

どうも仮想通貨プレスです。本日お届けする情報は・・・・・

Ripple(リップル)がビル・ゲイツ財団と貧困撲滅のために提携!!という情報をお届けします。

 

Ripple(リップル)があのマイクロソフト創始者のビル・ゲイツが創設した世界最大の慈善基金団体の「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」と提携すると発表致しました。

 

○ビル&メリンダ・ゲイツ財団とは・・・ビル&メリンダ・ゲイツ財団の解説ページ

 

Ripple(リップル)はビル&メリンダ・ゲイツ財団の資金とサポートをもらい、 「Mojaloop」というソフトを開発しました。 ILPを利用して、何十億人もの人々がモバイルウォレットで支払いができるとのことです。

イベントが始まりこれから続々とRipple(リップル)の今後の動きがわかる情報がどんどんでてくるのでしょうか!?明日もどんな情報が飛び出るのか要チェックですね☆

 


※こちらに参考ページの翻訳文です。参考:Ripple公式ページ

 

世界銀行によると、途上国の世界の貧困層の多くは、世界銀行によれば、銀行口座や金融サービスを持たないために貧困から逃れるために苦労している。

これは、伝統的に富裕層や中産階級に焦点を当てた金融サービス業界には欠かせない機会です。実際、発展途上市場は経済成長の次のフロンティアである。

モバイルウォレットは、銀行に入らない人にとって効果的で代替可能なソリューションですが、銀行が新しい市場向けのデジタル金融サービスを開発し、相互運用可能にするためには、費用がかかり、複雑になり、デジタルマネーを現金として自由に流動的に交換することができます。

このような相互運用性の欠如は、貧困層の財政的成長を妨げるだけでなく、地方や国の経済成長を遅らせます。

しかし、Bill&Melinda Gates財団が支援する新しいコラボレーションによって、それが変わります。Rippleは、Dwolla、ModusBox、Software Group、Crosslake Technologiesと  提携し、Gates Foundationの資金とサポートを受けて、Mojaloopという新しいオープンソースソフトウェア(OSS)を開発し、全米規模でリアルタイムの相互運用可能な支払いプラットフォームを作成しました世界の貧困層に不可欠な財務的ツールを提供しています。

貧困層を世界経済に導く新しい相互運用可能なシステム

Mojaloopは、Interledger Protocol(ILP)の力を活用して、財務提供者、政府、モバイルネットワーク事業者が包括的な支払いプラットフォームを開発するコストを簡素化し、削減する方法を提供します。

Mojaloopは、顧客、商人、銀行、プロバイダー、および官公庁を国の経済に結びつけるために使用することができ、真に包括的経済への進展を加速します。

この新しいソフトウェアは、世界の貧困層の90%が銀行口座を持たず、さまざまなモバイル信号でカバーされているための恩恵です。

現在、開発途上国の個人は、レベル1対応の支払いシステムで支払いを送受信し、その資金をモバイルウォレットに保管することができます。

この画期的な技術は、地域、国、地域の経済の繁栄を促進し、価値のあるインターネットを創出するために、モバイルネットワークと金融機関との架け橋です。

Rippleの最高技術責任者Stefan Thomasは次のように述べています。「モバイルワレットを使用して、誰でもどこでも支払いを行うことができれば、国内経済へのアクセスが向上します。それは、世界のデジタル経済の何百万人もの人々にもたらす可能性を秘めています。私たちはこのプロジェクトの一環であることを光栄に思っています。

Bill&Melinda Gates財団の貧困層向け金融サービス担当副部長であるKosta Pericは、「誰もが皆を含む経済から利益を受けると信じている。このソフトウェアは、数十億の新規顧客に力を与え、発展途上市場での大幅な経済成長を促進するのに役立ちます。

「Ripple、Dwolla、ModusBox、Software Group、Crosslake Technologiesの貢献のおかげで私たちが作成したオープンソースコードは、何十億人もの人々がモバイルウォレットを使って支払いを受けたり受け取ったりする機会を与えます。安全で透明で手頃な価格で瞬時に商品やサービスを売買できるようになることが我々の希望です」とPeric氏は結論づけました。

モバイルネットワークはMojaloopにアクセスできますか?

Mojaloopは無料で、開発者はGitHub経由で利用することができます。Ripple and the Gates Foundationは、Mojaloopに関心を持つ人なら誰でも、ソフトウェアの探索、製品やサービスの構築や改造、ソフトウェアへの更新の提供を奨励しています。


スポンサードリンク


関連記事

  1. 【仮想通貨ニュース】注目度高い取引所Binance(バイナンス)…
  2. 【仮想通貨ニュース】各国の仮想通貨ICO規制・取引規制のまとめ(…
  3. 【仮想通貨ニュース】ビットコイン(Bitcoin)Segwit2…
  4. 【仮想通貨ニュース】11/11オープンの韓国メタップスプラスの取…
  5. 【新規上場情報】Binace(バイナンス)にてビットコインゴール…
  6. 【仮想通貨ニュース】Bittrex-ビットトレックス-BAT/B…
  7. 【仮想通貨ニュース】中国でのビットコイン取引所への取引停止要請に…
  8. 【仮想通貨ニュース】マネックスが仮想通貨売買サービスに今年度中に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

【仮想通貨ニュース】6分でCentrality(セントラリティ) トークン名:CENNZ(センズ)』のICO・再販がある?噂の真相

どうも仮想通貨プレスです。本日おとどけする情報は・・・・・【仮想通貨ニュース】6分でCent…

【初心者必見】90銘柄以上を瞬時にテクニカル分析・小学生でも相場のトレンドが読めるようになるTOOL

どうも仮想通貨プレスです。本日おとどけする情報は・・・・・【仮想通貨ツール】90銘柄以上を瞬…

2018年注目銘柄一部、新年のご挨拶

仮想通貨プレスをいつもご覧いただいている沢山の皆様、新年あけましておめでとうございます。…

【仮想通貨ニュース】韓国・仮想通貨取引所へ規制を強化・相場への影響も大きいのでは?

どうも仮想通貨プレスです。本日おとどけする情報は・・・・・【仮想通貨ニュース】韓国・仮想通貨…

【仮想通貨ニュース】Mcfee(マカフィー)の仮想通貨銘柄ツイートはハッカーのせい?マカフィー氏広告報酬狙いのツイート疑い・・・。

どうも仮想通貨プレスです。本日おとどけする情報は・・・・・【仮想通貨ニュース】Mcfee(マ…

【仮想通貨ニュース】ベネズエラが自国仮想通貨「Petro ペトロ」を発行する事を検討中

どうも仮想通貨プレスです。本日おとどけする情報は・・・・・【仮想通貨ニュース】ベネズエラが自…

日本円取扱取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Select Language

スポンサーリンク

『投げ1票』お願いします♪

初心者お勧め記事

PAGE TOP