仮想通貨ニュース

【仮想通貨ニュース】LISK 東京MeetUp (2017/9/22) 参加者からの情報

先日行なわれた9/22 LISK東京Meet Upに参加された方からの情報をシェアします。

 

LISK meetup (2017/9/22)

■マックス氏/トーマス氏のプレゼン
ファウンダー:マックス ドイツ人
マーケティング:トーマス オランダ人

〇2016年に始めた。ブロックチェーンは難しいけどやすしくしようと思った。故に JavaScriptを使おうと思った。

〇9月1日に 9.1億ドルの規模になった。

〇取引量 1位 POLO、2位 CC、3位 Bittrex

〇350ノードが使われている。68 のリリース

〇創始者:Max、Oliver、Guido の3人でスイスで運営している。MMEという会社と提携している。

〇提携先: lightcurve マーケティングの会社、washmarn PR会社 などなど

〇チーム:ベルリンのオフィスにいる。

〇人員募集をしている:開発、マーケティング

〇ヨーロッパの仮想通貨で一番大きなチームである

〇インターナショナルなチームである

〇エコシステム: Lisk core ネットワークを活性化させるもの。開発リソースのほとんどは lisk core に費やされている。

〇Lisk nano:ネットワークにアクセスするための UIである。ブラウザ上で動く、Nodeにつなぐことができる。wallet持っていなくてもnanoがあればよい。

〇SDKを開発した。javascriptと関連性が深く、重要なものになってく. Side Chain と呼ばれる技術に優位性がある。これによりネットワークが広がっていく。

【Rebranding】
〇マイクロソフト社・メルセデス社などとのブレインストーミングの結果、良いものができた。

〇ミッションステートメント:special profile を持っている

〇誰もが使えるものを狙いとして作られている。

〇イーサリアムよりもICOを作れるものと考えている。

〇Rebranding にはどこよりも力を入れている。デザインの改良だけではなく、進化していくものである。ロゴが変わることもある。

〇Liskを walletに持ってほしいと願っている。(開発者としては当然そう思うだろう。)

【SDK】
〇SDKはこ3要素のすべてを提供する [3要素:ブロックチェーン(DB)、ロジック(backend)、UI(frontend)]

〇ユーザにとって使い勝手の良いものを目指している。

〇SDKではたくさんの既存のソフトウェアを使っている。開発が早く進むからである。

〇重視している4点、 柔軟性 カスタマイズのしやすさ、、拡張性、アセススしやすさ 開発者がアクセスしやすい、セキュリティ 安全に進める

〇まだリリースされていないが今年の終わりには見えてくる。1QにはICO のリリースを期待している。⇒インサイダー情報です。

【platform】
〇1.5年かけてきたのは javaベースのtokenです。

〇JavaScript で開発できるので、使ってくれる人がたくさんいるものと思われる。

〇起業家にとって ICOは最適なものである。誰でも参加できるためである。

〇すべての起業家に ICO Suiteに関わってもらいたい。

〇Lisk がICOのプラットフォームになる。クリックだけでICOを始めることができる。

〇アプリケーションは SDK , ICO Suite の上に乗っかるものである。

■質疑応答
〇まだICOしないの? Etheramよりも2年遅れである。←期待してください。

〇優位性はなんですか?← 開発者、ユーザ双方にとって使いやすい(アクセスビリティ)ことです。

〇次のリリースが遅れることについてどうなの?←常にアップデートしてますよ。バージョンが 0.9 か 1.0 の違いだけです。

〇将来の価値はどうなると考えるか? ←BTCの場合はベンチマークがないので比較できない。アップルよりも早い速度で成長する自信がある。結論:時が教えてくれる。

〇近い将来ビッグニュースはあるのか?←あんたはプレゼン聞いていたのか?(笑)

●まとめると・・・
特徴は JavaScriptベースであるので開発が容易である。javaという事は他の既存のプラットフォームとの相性が良いので既存のシステムとLISKは連携しやすく使い勝手が良いので重宝され易いものではあるということ。

サイドチェーンと呼ばれる技術が強みです。LISKはメインになるブロック以外のブロックチェーンを動かし複数のブロックチェーンを動かす事により処理能力が早いという点です。またメインのブロックチェーン上には情報がほとんど乗らないのでスケーラビリティを向上する事が出来て良い。LISKのブロックチェーン上に作成したアプリケーションを開発者が正常に動く様にコントロールしやすい。

アップデートが遅れているがそれは問題ではない。(←投資家としては問題有りかな・・・笑)

LISK関連のICO は来年の1Q(←いつのタイミングの事なのかはロードマップで1Qを見て下さい。)

特に今回は、周りを騒がす大きな発表があったわけでなく、「しっかりちゃんとやってますよ!」という事を発表し今後の方向性を示した感じだったのだろうと思います。このアジアツアーで大きな高騰を狙っていた方は路線変更して長期の視点で考え他方が良いかもしれません。ただ、東京の後のインドでのツアーで26日にマックスが開発の詳細を発表した時に相場がどう動くのか見てからでも良いのかもしれませんね。

以上

関連記事

  1. 【仮想通貨ニュース】TetherからBitfinex(ビットフィ…
  2. 【仮想通貨ニュース】マネックスが仮想通貨売買サービスに今年度中に…
  3. 仮想通貨プレス 大学にビットコインATM 【仮想通貨ニュース】カナダの大学が校内書店にビットコインATMを…
  4. 【仮想通貨ニュース】11/11オープンの韓国メタップスプラスの取…
  5. 【仮想通貨ニュース】イーサリアム(ETH)高騰のワケ。スイスで住…
  6. 【仮想通貨ニュース】コインベースcoinbaseが仮想通貨につい…
  7. 【仮想通貨ニュース】中国が新聞にて、Bitcoin(ビットコイン…
  8. 【仮想通貨ニュース】注意!!COMSA ICOに偽物ホームページ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

SparkswapはBitcoin Lightning NetworkエクスチェンジにUSDサポートを追加します

Sparkswap adds USD support to its Bitcoin Lightnin…

Wowoo Exchange 登録方法 Wowoo Exchange (WWX)を香港とラブアンにローンチすることを発表、launch schedule

Wowoo Exchangeが先日、一般公開を行いました。シンガポールにて限定的にオープンしていたの…

Wowoo Exchange Token(WWX) Contract Address WWX(ERC20)コントラクトアドレス  トークン追加設定情報

WWX(ERC20)コントラクトアドレス  トークン追加設定情報WWX Token (ERC20…

【超簡単理解】Playcoin(プレイコイン)ERC20 SWAP(転換)方法・解説 Qtum Core/Qbao

PlayCoin(プレイコイン)QRCからERC20へ移行PlayCoin(プレイコイン)がQR…

Wowoo Exchange 登録方法 【凄く理解できる】Wowoo Exchange WWX ERC20 SWAP方法を解説。動画付き

Wowoo Exchange ERC20へSWAP2019年6月中旬にWWXトークンが配布された…

BitMEXを試してみたいけど、どんな取引所なんだろう? BitMEXレバレッジ100倍 試してみたいけど、どんな取引所なんだろう?

Bitmex 取引所 特徴とは「BitMEXを試してみたいけど、どんな取引所なんだろう?…

日本円取扱取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Select Language

スポンサーリンク

『投げ1票』お願いします♪

初心者お勧め記事

PAGE TOP